81173
このオーディションは締切りました

※プロダクション所属者は必ず許可をおとりください。

○あらすじ
人材派遣の会社で働く雪子(24)は付き合って3年の彼氏悟(28)と同棲していた。
家と会社を行き来する生活。そんなある日、高校の同級生の美紀(24)と街で偶然出会い、お茶をすることに。
二人で近況を話し合っていると美紀から「なんか幸せだね」と言われる雪子。
その言葉に妙な違和感を感じる。
「私は今幸せなんだろうか」
その日家に帰ると雪子は悟に「結婚しよう」と告げる。それに即答できない悟。雪子は悟に別れを告げて幸せを求め部屋を後にする。
かねてから気になっていた川沿いで「ぬあっ」と叫び続ける和彦(32)の元へ行く雪子。
自我を失ったように見える和彦といれば、幸せとか不幸せとかの概念を捨てることができるのかもしれない。しかし、和彦は健常者であることが発覚する。愕然とする雪子は再度幸せを求め街を俳諧する。
そんな時、ひょんなきっかけで不幸せな人に出会う。自分よりも不幸せな人を助けることで幸せに似た高揚感を得る雪子。
そして、自作自演で人を不幸せに追い込み、それを助けるということをするようになる。
しかし、これでも雪子の求める幸せを手に入れることはできなかった。
その頃悟は美紀と同棲をしていた。そのことを知った雪子は、この二人を助けることで本当の幸せを手に入れることができるかもしれないと、悟を暴行し、美紀の元へと瀕死の悟を連れて行く。二人を助けることで高揚感を得た雪子だが、悟から思いもよらないことを告げられる。
「雪子と一緒にいた時幸せだった」と。
混乱する雪子。自分は幸せと感じていなかったからだ。「私は幸せと感じたことはなかった」そう悟に告げると、悟は、
「じゃぁ不幸せだと感じたことはあったの?」と雪子に問う。
何も答えることができない雪子。逃げるように部屋を後にしたが・・・

【監督】
佐々木友紀(ささきとものり)

プロフィール
監督、脚本、撮影、編集、プロデューサー

イメージフォーラム付属映像研究所卒。

自主映画や助監督を得て2010年『ちょちょぎれ』(ニューヨーク市国際映画祭正式出品作品)で劇場デビュー。

その後『鳥を見て!』(青春H第22弾作品)、『ココロ迷子』、『フタリデツクル』(ドイツ日本コネクション正式出品作品)、『夏前。おわり』(ENBUゼミナールシネマプロジェクト第3弾)。『優しさと泪と』(ラブストーリー映画祭観客賞受賞)とコンスタントに作品を発表。

映画以外にも千葉テレビで放送されたドラマ『都市伝説バスター』やテレビ埼玉放送の『シークレットドリームタイム(仮)』、脚本なしで進行していくドラマ『真夏の汗~ワークショップ2』の監督脚本を勤めている。

その他にもホラーDVD『洒落にならない 死ぬほど怖い話』、『午前零時の恐怖劇場』シリーズ、そしてビデオアートから MVなど幅広く映像に携わる。 ドラマCDとしては『優しさと涙と』、最新作に『終わりの世界とキスと呪われた姫君』などある。また2015年公開『すんドめ』の脚本も担当している。

【応募資格】
女性:18歳~50歳まで

初心者大歓迎!!経験の有無は問いません。やる気があり、役柄に合っていれば、初であろうとキャスティングすることをお約束します。

本作で脱ぎや濡場の表現をお願いすることはありません。

【応募方法】
件名に「映画『いいじゃない』」と記載し、

・お名前
・電話番号
・所属事務所
・簡単な自己紹介
・顔の分かる写真、またはプロフィール

を本文に記載、添付し、「enthena@age-global.net」までご連絡くださいませ。担当者よりご連絡させて頂きます。

※応募の際は、@age-global.net 及び @gmail.com からのメールが受信出来るように設定よろしくお願いいたします。

【AGN@Enthena 公式HP】
http://enthena.96-164.com

この機会にぜひ、自分の可能性を見出してくださいませ。たくさんの才能に出会えることを心よりお待ちしております。

お申し込みはこちら

オーディションに申し込む
(外部サイトに移動)

貴方にオススメのオーディション