15歳以上健康な男女

涙を流すことで心のデトックスを図る「涙活」の発案者、寺井広樹氏が実話を元に執筆した感動作。「涙活」イベントでもっとも反響を呼んだ作品が初の朗読劇になりました。総合演出は「下妻物語」「姑獲鳥の夏」などの映画をプロデュースした神田裕司氏。朗読劇出演者の中からMXテレビ「あしたのSHOW」で放映予定「ボクと7通の手紙(映像)」に声優として出演も予定。

■ストーリー
ある日、可奈はダンボール箱に入れて捨てられた子犬を拾います。お母さんやアパートの大家さんにお願いして、その仔犬を飼うことを許してもらいます。自分と同じ、寂しがり屋のその仔犬に可奈は「ボクちゃん」という名前をつけました。
いつでもいっしょだった可奈とボク。ある金曜日、カミナリの鳴る空の下、事件が起きて・・・

■寺井広樹(原作)プロフィール
涙活プロデューサー。涙を流すことで心のデトックスを図る「涙活」を発案。ハウステンボス「涙箱」やTV番組「タカトシの涙が止まらナイト」に企画段階から協力。『ぼくの天国ポスト』、『べしらわ君』など絵本を多数出版。
http://www.ruikatsu.com/

■神田裕司(総合演出)プロフィール
日本タレント協会 常任理事。映画監督。映画プロデューサー。映画「ブリスター!」「幸福の鐘」「下妻物語」「姑獲鳥の夏」「蟲師」「魍魎の匣」「ハードラックヒーロー」、テレビでは「ボイスラッガー」「鉄鋼機ミカヅキ」など数々の話題作を企画、プロデュース。カンヌ、ヴェネチアではレッドカーペットを歩き、ベルリンではアジア最高賞を受賞する等、世界3大国際映画祭に正式に参加。
http://kandayujiws.jat.or.jp/profile/

【オーディション】
■資格
2017年5月29日(月)現在、15歳以上健康な男女 稽古・本番まで都内稽古場に通い、責任を持って参加できる方(学校授業や行事等を休んでいただく場合が有ります) ※未成年者は、保護者の同意書をお持ちください。

■応募期間
5月29日(月)~8月19日(土)19時まで。

■オーディション日時
2017年8月21日(月)13時・15時・17時
※オーディション時間の指定は出来ません。

■オーディション会場
三鷹RIスタジオ 東京都三鷹市下連雀3-22-10
榎本ビルB1F
JR三鷹駅南口から徒歩4分(さくら通り沿い)

■オーディション費用
負担なし。
※交通費は自己負担となります。

■合格通知
8月26日(土)以内
※合格者のみにおしらせいたします。

■審査員
神田裕司(総合演出)
寺井広樹(原作)
小田憲明(株式会社清月エンターテイメント代表取締役)

お申し込みはこちら

オーディションに申し込む
(外部サイトに移動)

貴方にオススメのオーディション