日本ボイストレーナー連盟 ボイストレーナーの石塚 弓子です。
今日は手嶌 葵さんについて書いてみたいと思います。

手嶌 葵さんのウィスパーボイス

彼女の澄んだ柔らかな歌声に癒される方は多いと思います。
歌い方としては、ウィスパーボイスに近いです。
ウィスパーボイスとは、胸式による低音域の発声(チェストボイス)を取り入れた、囁くような歌い方です。
デビュー曲の「テルーの唄」や、同じくジブリ映画に起用された「さよならの夏」は、TVなどで耳にする機会も多かったですよね。
最近では、月9ドラマの主題歌も歌われていました。
ウィスパーボイスの例で言いますと、他にはカヒミ・カリィさんもウィスパーボイスがとても素敵で印象的ですね。

腹式呼吸が重要

嫌味がなく、すーっと入り込んでくる歌声ですが、あのような歌い方をするには、土台となる基礎の技術が必要です。

ウィスパーボイスは、腹式呼吸ができる事が前提で、
胸式呼吸とは何であるかを理解していないと、声をきちんと響かせるのも難しいのです。
使う息の量も多い為、音程を合わせにくいという難点もあります。

共鳴ができてこそのウィスパーボイス

そこで、何よりも必要になってくるのが【共鳴】です。
しっかりと響く、芯のある声を出すという事です。
芯のある声というのは、言いかえれば、マイク乗りのいい声とも言えます。
声を共鳴させるポイントとしては、喉をしっかりと開く事です。
舌の先を下の歯の裏に付けるようにして平らにして、口の中に空洞を作るようにすると、
声の抜けが良くなりますので、是非試してみてください。
あくびの時の喉の開き方に近いです。

共鳴はどの歌にも必要になってくるものですが、特にウィスパーボイスの歌い方を取り入れる際は、基本が必要になりますので、参考にしてみてくださいね。

基本を身につけないまま応用の歌い方を取り入れようとすると、喉を傷める原因にもなり兼ねない為、注意が必要です。

腹式呼吸に関しては、文章では中々伝わりにくいですし、
自分自身が『これでOKなのか?』『果たしてできているのか?』と、客観的に見る事は特殊な人を除いてほぼ無理です。
ですから、しっかりと練習する場合は必ずボイストレーナーについて教わる事をお薦め致します。
ishizuka
記事作成協力/一般社団法人日本ボイストレーナー連盟
石塚 弓子