日本ボイストレーナー連盟 ボイストレーナーの石塚弓子です。
今日はYUKIさんの歌い方について書かせて頂きます。

JUDY AND MARYのYUKIさんについて

90年代に絶大な人気を誇り、惜しまれつつ解散したバンド、JUDY AND MARYのボーカルYUKIさんですが、ソロになってからも様々な曲調の楽曲を出され、活躍されています。
いくつになっても若々しくてキュートなルックスも度々注目されていますが、YUKIさんの魅力は何と言ってもあのハイトーンボイスですよね。

芯があり、パンチのある力強い高音の出し方が特徴です。
普通なら裏声になってしまうような高さの部分も、YUKIさんはほとんど表声(地声)で出しています。
では、どうしたらあんなに軽々ときれいに高音が出せるのでしょうか。

腹式呼吸や共鳴などの基礎が身に付いている事はもちろんですが、
今日は別の観点から考察してみたいと思います。

ポイントは二つです。

綺麗に高音を出すには

・身長と声の関係性

身長が低めだったり、体格が小さいと、一般的に声が高くなると言われています。
横隔膜と声帯の距離が近いので、アタックも出しやすくなります。
これはあくまで『そのような傾向が強い』という事ですので、身長が高めで、体格が大きいからといって高い声が出せないかというと、
そんな事はありませんし、もちろん例外もありますので、ご自身の体格によって諦めたりはしないで頂きたいと思います。

・声帯の強さ

声帯に関しては、YUKIさんは元々強いと思われます。
ですので、あまり声帯が強くない方が、彼女と同じように高音が続く歌を歌い続けるのは、声帯を傷めてしまうリスクもあります。

元々喉が疲れやすい方や、声枯れしやすい方は、声帯が弱いと言えます。
一曲歌っただけで声が嗄れてしまう方なども、胸式呼吸になっていたり、喉に力を入れて歌ってしまっている可能性が高いので、注意が必要です。

無理せず、まずは低めのキーで練習してみるのも良いですね。
生まれ持った元々の声帯は変わりませんが、ボイストレーニングを通して、声帯を鍛えていく事は可能になります。

YUKIさんのように、高い声をおもいきり出して歌えたら気持ちがいいですよね。

今日は、少し違った観点で書いてみました。
参考にして頂ければ幸いです。

 

ishizuka記事作成協力/一般社団法人日本ボイストレーナー連盟
石塚 弓子