まだ未成年でオーディションを受ける場合

オーディションを受ける方は、まだ10代の方もたくさんいらっしゃいます。
将来の夢を持ち、しっかりと進んでいく事はとても良い事だと思いますが、
注意点、気をつけなければいけない点がいくつかありますので、ご紹介します。

親御様の許可を得られているか

一番基本的な事ですが、オーディションに応募、参加する事に関してはしっかりとお父様、お母様などから許可を得ているのかどうか。
オーディションを受けて、あとあと親御様の許可を得ていないとなると、せっかくオーディションをして頂いたのに、
オーディションをして頂いた事務所さんに迷惑もかかります。
もちろん、事務所さんも事前にきちんと確認しますが、受ける側もしっかりと確認しましょう。

オーディションの同伴者について

オーディションを実施する際に、親御様が同伴必要な場合もあります。
その場合は、しっかりお父様かお母様に一緒に来てもらえるようにしましょう。
また、たまに友人をオーディション会場に一緒に連れてこられる方もいるみたいですが、
事務所さんの許可もなく無断で友人をオーディションに連れて行くのはやめましょう。

どうしても親御様が来られない時

親御様が一緒でないといけないのに、どうしても一緒に行くのが難しい場合もあります。
そういう時は、受ける事務所さんに『同意書』の持参でも参加可能か聞いてみましょう。
『同意書』は、親御様にしっかりと書いて頂き、持参すれば大丈夫な場合もあります。
しっかりと確認する事が大事ですね。

未成年者だから気をつける事

未成年者の方は、これから学んでいく事もたくさんあります。
ですが、まだ年齢が若いからと言って、言葉遣いが悪かったり、はっきりと話しができない、
最低限のマナーを知らないなどですと、いけません。
オーディションに行く前にしっかりと親御様と一緒に確認するのが良いと思います。

オーディションを見て頂く相手にも配慮してしっかりと準備をしていきましょう。