あなたがタレントとして。
あなたが歌手として。
あなたが役者として。
あなたが芸人として。
あなたが声優として。
あなたがモデルとして……etc.

当サイトをご覧の皆様は色々な芸能の方面でチャレンジしたいと考えていらっしゃるでしょう。
芸能と言っても上記の様にジャンルは多岐に渡ります。
各々が自分の信念に基づいてオーディションを受けて合格し、活動をして行く事はとっても大事な事です。

しかし、何よりも大事な事はもっと別にあります。
本日はその『何よりも大事な事って何だろう?』…これについて考えたいと思います。

オーディションで大事な事

『何よりも大事な事』…
それは意外と単純です。
単純なのに見えていない。
灯台下暗しと言っても良いかもしれません。
当たり前の事なのに夢を描き過ぎるが為に当たり前が見えなくなってしまうのです。
我々はタレント、歌手、役者、芸人、声優、モデルなどである前に『社会人』です。
社会人とは何でしょうか?
自分で生計を立てられる人です。
これが社会人の側面の一つであると断言しても良いと思います。

しかしながら、多くの芸能プロダクション、音楽プロダクションでオーディションをしていると。
残念な事に多くの人にタレント性だったり、歌だったりを聴いて欲しい!!という情熱は伝わって来るのですが、
10年20年30年40年…先々の人生プランまで語ってくれる人は殆どいません。
長期的に芸を肥やしにして生きて行く、生計を立てて行くプランが無いのです。
これでは仕事として成立しなくなってしまいます。

仕事として成立しないという事は芸能関係者も、浅い考えでオーディションを受けに来ている方々に賛同して一緒にやって行こう!!
という気には当然なりません。

タレント、歌手、役者、芸人、声優、モデルなどは各々が社長みたいなものです。
事業主だと思って頂いて結構でしょう。
問題を起こしたら廃業します。
良い商品力を作り上げて、営業努力を怠らず、売り上げを出して行く。
こういう事が考えられなくてはお仕事として上手く行きません。

芸能プロダクションや事務所の役割

本来、芸能プロダクションや音楽プロダクションは『良い商品力を作り上げて、営業努力を怠らず、売り上げを出して行く』という事のサポートをする組織です。
(他にも皆さんの芸能界で生きて行く為の教育的指導も行ったり、守ったりもします。)
『良い商品力を作り上げて、営業努力を怠らず、売り上げを出して行く』事をオーディションを受ける側である皆さんもしっかりと理解をしてオーディションに臨まなければいけません。

なぜか?
それはオーディションを受ける皆さんが大人である以上、仕事をして生きて行かなくてはいけないから。
生きて行く為には何十年も先のビジョンが必要です。
あなたが芸能界や音楽業界、モデル業界などで生きて行く為にどうしたら良いと思います?
どうしたら利益が出ると思いますか?
どうしたら魅力が出ると思いますか?
どういうお客さんに音楽を聴かせるべきですか?
どういう年齢層、男女比率などに自分をPRして行くべきですか?
などなど、お仕事としてやって行くなら考えれば枚挙に暇がございません。

オーディションに合格する為には、本来持っているあなたの才能だけではなく。
あなたがお仕事として向き合って行く考えがしっかりしていなければ合格しませんし。
仮に合格しても続けて行く事が難しいものです。

しっかりとビジョンを持ってオーディションに臨みましょう。