オーディションを受けに来られる方々は皆さんよく以下の様におっしゃいます。
「有名になりたい」
「売れたい」
「メジャーデビューしたい」

解ります、それは審査員である我々も良く解りますし、その想いは胸に刺さるものがあります。

売れればオッケーじゃない

しかし…、
「有名人」になったり、「売れる」事だけ考えていればそれで良いのでしょうか?
我々審査員軍団はその考えに疑問を抱いています。
オーディションを受ける側は「それで良いんだ!」という考えもあるかもしれません。
しかし、それで良いんだ!と考えていても、この記事を読んで、
本当に「有名人」「売れる」という事ばかり考える事が正しいのかを今一度精査してみて下さい。

まず、「売れて」「有名人」になる為に必要な事は何でしょうか?
・かっこよくなる事
・可愛くなる事
・歌が上手である事
・芝居が上手である事

……などなどは誰でも思いつきそうなものです。

そうじゃないんです。

本当に必要なものとは

本当に必要なものは上記の事も大切ですが、それ以前に『ガッツ』『忍耐』『やる気』『学び』『人生観』そういうものが必要なんです。
アーティストもタレントも大事なのは『ひととなり』。
そう、精神的、マインド的な部分なんですが、これこそが一番大事。
このマインドが無ければオーディションに合格して売れて有名になっても、その時で終わるか、有名にさえなれないかです。
仮に有名になっても世の中から失墜する際は色々と叩かれる事もあるかもしれません。
色々なトラブルが待ち構えているかもしれない、試練も…その時、中身が未熟では太刀打ち出来ません。

全てを打開して行く為には、カッコいいだけではだめ、可愛いだけでもダメ、歌が上手いだけでもダメ、芝居が上手なだけでもダメなんです。
業界関係者は〝あなた”の中身にも敏感です。
中身とはつまり、『ひととなり』というものです。

オーディションの本当の意味とは

オーディションを受けるのは多いに結構です。
挑戦する事は良い事です。
人生にとってかけがえのないものになると思います。
でも、思い出を作る為だけにオーディションを受ける事は許されません
真面目に受けないといけません。
審査員も真面目にダイヤモンドの原石を発掘したいと思っているのです。

その際、あなたに表面的な評価だけを行っても芸能プロダクション側にも将来がありません。
オーディション希望者の中身も大事なんです、本当にこれはとっても大事なオーディションの本質的な部分です。

プロフィールを書く際も、今日述べさせて頂いた点を十分に考慮した上で、どの様に仕上げれば良いのかを自分なりに考えてみて下さい。
悩んで悩んでプロフィールを書いてオーディションを受けて合格して活動しても、今日述べた『ひととなり』という人間の本質的な部分が。
あなたの歌手生命、タレント生命、役者生命、モデル生命、声優生命、を大きく左右します。
ひいては『ひととなり』がしっかり形成されて行く事は一生この仕事を続けて行く事の礎にもなります。

本サイトの運営の立場として、今日もあなたの成功を祈っています。
その為に我々も何を提案出来るかを真剣に考え様と取り組み続けます。