オーディションを通過した…つまり合格した方々のその後について。

事務所なりプロダクションなりレーベルなりに所属されてレッスン費用などが掛かるケースがあります。
また一方で珍しいパターンですがそう言った金額が一切掛からない(でも自分磨きにはお金が掛かる)オーディションもあります。

オーディション後にお金が掛かるのか?掛からないのか?
そういう意味ではオーディションは2つに分けられます。
特に音楽業界のオーディションはその傾向が強いです。

合格後に費用がかからないオーディションについて

まずはお金が掛からないオーディションがどの様なものなのかを解説します。
お金が掛からないオーディションは、音楽業界のものである場合は、
『アメリカンアイドル並みの才能を発掘する為のオーディション』です。

その様なオーディションを行っている所は…例えば大手ですとSony Music Entertainmentさんが筆頭に挙げれられると思うのですが、
自社がスポンサーでもあり、人材を自分の会社の力で育成出来る環境のある大きな会社です。
この場合はオーディション通過後に金員が掛からないケースがあります。
後は、EXILEさんのメンバー募集などのオーディションですね。
こちらのオーディションもメンバー募集という事になるとレッスン費用も掛からないで即メンバー入りという事であれば金員は掛かりません。
つまり、もうオーディションを受けたら成功が確実である!!という非常に狭き門のオーディションに関しては金員が掛かる事が無いケースが多いです。
でも、それは凄く狭き門で10000人が受けて1人合格するかどうか…そんなハイレベルのオーディションです。
宝くじの様なものです。

合格後に費用がかかるオーディションについて

次にオーディション通過後にお金が掛かるオーディションについて解説します。
ここで誤解して頂きたくないのは、「お金が掛かるからと言ってすべての事務所・プロダクション・レーベルが悪質なのか?」と問われると、
そんな事ない」という事です。これは重要な話です。

オーディション通過後に『一体何にお金が掛かるのか?』という点が非常に大事なのであり、
むやみに所属費用などを要強雨される場合は問題がありますが、実際にCDを制作したり、ライブの費用に金員を費やしたり、
宣材写真を撮影したりと音楽業界の場合色々とお金も時間も掛かるのです。

売れるルートが大手の会社みたいに確約されていない限り、所属者側が最低限の金額を負担するのは社会的にも当たり前の話なんです。
またオーディション通過後にお金の掛かるオーディションの場合は、事務所・プロダクション・レーベル側が所属者をアーティストとして頑張って行ける環境を整える為に育成してくれますので、
その育成費(レッスン代)としてお金が必要になるというケースが多いです。
稀に、全く関係の無い、使途不明金を請求する悪質な事務所・プロダクション・レーベルがありますが、そこを見分ける事がオーディションを受ける方々は大事ですね。
見分ける事が出来ないが故に、あなたは夢やチャンスを棒に振ってしまうのかもしれないのです。
悪質な音楽業界の会社には絶対に惑わされてはいけません

しかし、活動資金は必要でも時には事務所・プロダクション・レーベルへ自己投資をしてでも夢に向かう勇気やアクションも必要です。
お金を自己投資して切り開けて有名になっているアーティストも実際問題多数いらっしゃるのです。

費用をかける価値があるのか?

これからオーディションを受ける皆さん。
それから既にオーディションを受けている皆さん(事務所などに所属されている方は二重契約になるのでオーディションを事務所を経由して受けなくてはいけませんよ)。
オーディション通過後にお金が掛かるか掛からないか。
その判断は事務所・プロダクション・レーベルの担当者さん、代表者さんとじっくり話し合う事で見極め、お金が掛かるんであれば何に対して掛かるのか?
またそのお金を支払う価値がその事務所・プロダクション・レーベルにはあるのか?
ただの悪質プロダクションなのかどうかを見極める能力が求められるのです。
お金が掛かってもあなたを本気で売り出したいと思っているプロダクション・事務所・レーベルは確実に存在していますよ。

歌手・アーティスト・シンガーという方々はセルフマネジメントも大事です。
リスクヘッジも大事です。
自分が夢に向かうに伴い一体どんな事に自分の労力、時間、お金を投資するのか?
選んで下さい。

前述した通り、お金の掛からないオーディションは年間の数も限りがあり、また宝くじの様に狭き門です。
自分の力で良質な事務所・プロダクション・レーベルと上手に歩調を合わせて夢に向かって着実にステップアップする事。
それって実は仕事をして行く上では業界を問わず当たり前なんです。
会社員の方々が会社に行くのにスーツを買ったり名刺入れを買ったり鞄を買うのと一緒なんです。
会社経営者の方なら……もっともっと自分の未来に投資するのと一緒なんです。

頑張って下さい。
皆さんの熱い気持ちを応援する為にも正直に投稿させて頂きました。
ご参考頂ければ嬉しいです。