今日は『音楽のライブでの重要な構成について~魅力と魔力~』についてお話をしたいと思います。
このタイトルだけでは殆どのオーディション希望者の方々には意味が解らないかもしれません。
※音楽関係のオーディション以外を希望されている方にも是非読んで頂きたい投稿です。

ライブする場所にも様々な規模がある

ライブには規模は様々なものがあります。
東京ドームクラスの5万人規模。
日本武道館クラスの1万人弱規模。
赤坂Blitzクラスの数千人規模。
一般的な数百人規模のライブハウス。
上記の様に規模は様々ですが、実はアーティストやボーカリストが行う事は一緒なのです。
※ただし、アイドル歌手の場合は以下の通りでは必ずしもありません。

一度ステージに立った事がある方なら解ると思うのですが、ステージというのはお客さんの雰囲気があります。
その雰囲気に飲み込まれてステージに上手に立つ事が出来なかった方、これを読まれている方の中にも必ずいらっしゃると思います。
あと、「今日のステージはスタッフさんがもっと動いてくれればよかったのに」と思ったり、
「もっと所属事務所、所属レーベル、プロダクションが上手くマネジメントしてくれたら上手く行った」
「演奏者が下手だったから上手く行かなかった」「PAがダメだった」
「会場の構造がショボい」などと考えている場合もあるかもしれません。
しかし、それはあくまでも外形なのです。

アーティストが全ての責任者である

つまり、本日書きたかった事と言うのは、ステージに立っている以上は、アーティスト本人がクオリティーを左右する面では責任者だと考えた方が良いのです。
いや、責任者であるべきなのです。
これは音楽アーティストに限った事ではなくて、他にもモデルや役者やお笑いも同様です。

身内(つまりスタッフなど)やお客さんに魅力を放つのはアーティストなのです。
ここではこれ以降アーティストをフロントマン(一番前に立つ人)と記述します。

アーティストとしての牽引力=『魔力』

フロントマンには魅力が必要です。
歌が上手いとか、そういう問題ではなく、フロントマンには様々な人々を巻き込んで台風の目になる言わば『魔力』を放出する能力が必要なのです。
これは世の中でたくさんいるわけではありません。
一般人ではあまり持っていませんが、企業経営者などは持っている事が多いです。
そういう他人を巻き込んでしまう魔力を兼ね備えている必要があります。

イベントやライブが上手に出来なかった理由はフロントマンに、その『魔力』が足りなかったからなのです。

しかし、この魔力というものはレベルを上げる事が出来ます。
場数と頭で考える事と、良い空間を作ろうと必死で考える行為が魔力を育みます。

オーディションでも必要な『魔力』

ここが重要なのですが、実はこの魔力はオーディション会場でも同様なのです。
オーディションでの審査員はあなたに対して魅力を求めています。
将来性を感じるかどうかの魅力です。
現状の魅力はあまり審査対象にならず、「ここから先に広がるのかな?どうなのかな?」それを考えます。

オーディションで落選する場合は、魅力不足なのです。
簡単に言えばそうなのです。
しかし、前述した通り、魅力は磨く事が出来ます。
あなたの魅力の磨き方は何ですか?
あなたの強みは何ですか?
あなたには強い意志がありますか?

それを養う為にレッスンに通う事も必要かもしれません。
色々必要かもしれません、時間などもそうです。

是非とも表面部分だけを養うのではなく、フロントマンとして業界に必要とされている『本質』を磨いて下さい。